ライセンスファシリテーターになるには?

[重要なお知らせ]

昨今の新型コロナウィルスの感染拡大により、対面でのワークショップ実施が困難な状況です。
そこで、オンラインワークショップ受講者の方によりファシリテーター取得がしやすくなるために、様々な変更が行われています。
最新ニュースは、こちらです。(英語版)

以下、文章中盤のこちらに追記しております。↓
「②オンライン 全4回Management 3.0 ワークショップにご参加の場合」


2021年1月31日よりManagement 3.0
ファシリテーター規定が変わりました。
この8年間、Management 3.0のワークショップコンテンツに様々な変更があったこと、そして今後のワークショップの質の向上やファシリテーターの質の向上の目的としています。
今後ライセンスファシリテーターの取得をお考えの方はご注意ください。
また、以前取得された方も以下をお読みいただき、必要な方はManagement 3.0へ更新のお手続きをお願いいたします。


これまでライセンスファシリテーター取得希望の方は、ワークショップ修了後から数年経過しても申請が可能でしたが、2021年1月31日以降は修了後1年以内に申請する必要があります。もし、修了から1年以上経って取得を希望される場合は、再びワークショップに参加するか、実践証明書(Certificate of Practice)を取得しなければなりません。

すでに対面2日間ワークショップ、またはオンライン4回Management 3.0ワークショップ、対面1日ワークショップに参加された方は、ファシリテーターを希望される場合、2022年1月31日までに申請する必要があります。

今までにライセンスファシリテーターを取得し、すでに失効している方は、取得日以降2年以内に申請すると再びファシリテーターになることが可能です。2年経過した場合は、ファシリテーターになるためのワークショップへ再度参加するか、実践証明書を取得する必要があります。
再び取得を希望される方は2022年1月31日までに再申請をしてください。


世界中の200人以上のコーチ、トレーナー、コンサルタントがManagement 3.0の講座やワークショップを開催しています。彼らは毎年110カ国で何百もの公的・私的なイベントを行っています。
ライセンスファシリテーターになると、世界中どこにいても、自社または公のイベントでManagement 3.0の講座やワークショップを開催できます。


ライセンスファシリテーターになるためのステップとその後の流れ

ライセンスファシリテーター取得までのプロセスとワークショップ開催までの流れはこちらです。

ライセンスを取得するためには、2日間の対面Management 3.0ワークショップ、またはアジリティ・イン・HR(ICP-AHR)ワークショップ(日本では未開催および検討中)、オンライン 全4回Management 3.0ワークショップ、対面1日Management 3.0 ワークショップのいずれかに参加している必要があります。
現在、日本では下記の二つの選択肢があります。


①対面 2日間Management 3.0 ワークショップにご参加の場合

  1. 受講証明書を受け取る
  2. 英語のグローバルManagement 3.0ウェブサイトに申請する※
  3. 使用許諾契約書に署名する
  4. ライセンス料を支払う

※詳細はこちらをご覧ください。

4つのステップを終えると公式のManagement 3.0ライセンスファシリテーターとなります。

※冒頭の[重要なお知らせ]に記載している通り、今後ライセンスの取得をご検討されている方は1年以内にManagement 3.0に申請ください。


②オンライン 全4回Management 3.0 ワークショップにご参加の場合
(オンライン受講+以下の①~③を選択)

オンライン全4回ワークショップを受講し、ライセンス取得を目指す場合は、以下の追加ワークショップを受講するとファシリテーター取得条件が整います。
※今までは①のみでしたが、②と③が追加されました。

【3つの選択肢から選べます】

①対面1日ワークショップ(ファシリテーター取得者向けフォローアップ内容)
6時間のワークショップ(例:スケールアップとコンピテンシーワークショップ 3時間×2日間)
③ HRオンラインワークショップ(ICP-AHR)※日本ではまだ未実施

※ワークショップ情報はこちらをご覧ください。

  1. 受講証明書を受け取る
  2. 英語のグローバルManagement 3.0ウェブサイトに申請する※
  3. 使用許諾契約書に署名する
  4. ライセンス料を支払う

※冒頭の[重要なお知らせ]に記載している通り、今後ライセンスの取得をご検討されている方は1年以内にManagement 3.0に申請ください。


ファシリテーター認定証を受け取るには?

現在、証明書を取得するには2つの方法があります。

  • Certificate of Attendance (受講証明書):2日間のManagement 3.0ワークショップに参加する (※詳細はこちらをご覧ください。)
  • Certificate of Practice (実践証明書):少なくとも7つのManagement 3.0プラクティスを実践し、経験を共有することで、実践証明書を取得する (※詳細はこちらをご覧ください。)
  • オンラインでのワークショップにご参加された場合:
    Certificate of Attendance (受講証明書):オンライン 全4回のManagement 3.0ワークショップに参加した後、対面の1日Management 3.0応用編ワークショップへ参加する(この2つの条件が必要です)

ライセンス料

日本の1年間のライセンス料は617ユーロ(約82,000円)です

Management 3.0ライセンスの利点

ライセンス料は、次のようなものが含まれています。

  • オリジナルコース教材
  • 美しいイラスト、スライド、ポスター、配布資料
  • ファシリテーターのための専門的なコミュニケーションチャネルへのアクセス
  • コンテンツ作成者とチームへ直接コンタクトを取ることが可能
  • マーケティングと営業の(できる限りの)サポート
  • Management 3.0 Webサイト上にプロフィールを掲載

さぁ、今すぐManagement 3.0のライセンスを申請しましょう!

あなたは熱心なビジネスコーチ、リーダーシップトレーナー、またはチェンジファシリテーターでしょうか?

マネジメントやリーダーシップのスキルを磨く人たちの手助けをしたいですか?

英語のグローバルManagement 3.0ウェブサイトでこのフォームに記入してお申し込みください

詳細は、使用許諾契約書(英語、PDF)に記載されています。