Management 3.0 Japan Conferece ’20 やりま~す!

Management 3.0 Japan Conferece ’20 やりま~す!

こんにちは。中原です。 きたる9月12日の土曜日の午後。オンラインでManagement3.0初の日本カンファレンスを開催します。 新型コロナによってビジネス環境や働き方が大きく変化しました。そんな中でも依然としてDXやビジネスアジリティーが求められます。 多くの企業がデザイン思考やアジャイルを導入していますが、なかなかうまくいっていません。 また、新しい状況、新しい考え方や手法の導入に合わせてマネージメントのスタイルを変革しようと試行錯誤されています。 しかし、なかなかうまくいかない、効果が出ないのが現状ではないでしょうか? 組織マネージメントの方法が旧態依然の管理主体なやり方で、従業員が指示待ちの受け身体質なマインドでは、どんな新しいやり方を導入しても変化に強い組織にはなれません。 Management3.0は、このような変化に継続的に対応できる強いチームの作り方と、そのための組織マネージメントのあり方について解説しています。 繰り返しになりますが、そんなManagement3.0の日本初のカンファレンスを9/12にオンラインで開催します!! そして初回記念としてManagement3.0の考案者であるヨーガンさん、8/12にリモートワークについての翻訳本が出版されるリセットさんのお2人をお招きし、日本語通訳付きでご講演頂きます!! さらに多くの実践者による事例紹介やワークショップ、チュートリアルをご用意していますので、『Management3.0って何?』という方も安心してご参加頂けます。 既に色々な方がカンファンレンスを拡散してくださっています。本当にありがとうございます!!そして、僕の前職の社長で、転職後もずっとお世話になっている永和システムマネジメントシステム様の社長 平鍋さんもBLOGで取り扱ってくださいました!(僕の活動をいつも応援してくださり、ありがとうございます!!) 変革のリーダーや組織のマネージャーにとって目からウロコの内容が盛り沢山です!!ぜひ周囲の方、上司、部下をお誘い合わせの上ご参加下さい!! さらに!!リセットさんから頂いたカンファレンスの推薦動画です。まだ日本語訳をつけられていませんが、だいたい下記の事をおっしゃっています。 「Management 3.0 Japan Conferenceで会いましょう~。ヨーガンもくるよ~。私はWork Together Anywhereの話をするよ~。リモートワークがめっちゃ大事になってきてるよ~。カンファレンスで会おうね~」

Management 3.0 オンラインワークショップ

Management 3.0 オンラインワークショップ

Management 3.0 オンラインワークショップが4月から始まりました。

Management 3.0から「リモートチーム(Remote Teams)」という新しいモジュールが届き、ライセンスファシリテーターの校正を経て、ついに先日オンラインワークショップ3日目の学習に登場しました!

今回はオンラインワークショップがどのような感じで行われているのか少しご紹介いたします。

Read more about Management 3.0 オンラインワークショップ
一度も出社したことのない新入社員とオンラインでManagement3.0のツールを使ったワークショップ

一度も出社したことのない新入社員とオンラインでManagement3.0のツールを使ったワークショップ

株式会社クオリティアの吉川です。

久しぶりに、Management3.0の実践レポートを書きたいと思います。

今回は、オンラインでPersonal map(パーソナルマップ)とHappiness door(ハピネスドア)を使用して新入社員向けワークショップを実施しました。

Read more about 一度も出社したことのない新入社員とオンラインでManagement3.0のツールを使ったワークショップ
メドラーズゲームを通して考えるチーム構造の拡大(ファンクショナルとクロスファンクショナル)

メドラーズゲームを通して考えるチーム構造の拡大(ファンクショナルとクロスファンクショナル)

組織を成長させるにはどうしたらよいでしょうか?
会社をどのように組織化したいですか?
チームはどのように相互作用するのでしょうか?

これらは会社の原動力とパフォーマンスにとって非常に重要な質問です。したがって、マネジャーやリーダーは、自分のビジネスに最適な組織構造を考えることが大切なのです。

Read more about メドラーズゲームを通して考えるチーム構造の拡大(ファンクショナルとクロスファンクショナル)